トランスフォーマ設計ソフトウェア

業界標準への仮想プロトタイピング

Operaは、デバイスやシステムでの電気、熱、構造的現象を有限要素法でシミュレーションします。設計のバリエーションや最適化を追及し、洗練した設計を可能とする仮想の試作ツールとして、Operaの精度は物理的な試験と同等に扱えることができます。電力システムや関連デバイスメーカは、Operaによって今日の要求に沿った製品を設計し、環境に優しく、高効率、小型化を実現しています。

アプリケーションは何ですか

アプリケーション

・トランス
・リアクタ
・LVDT
・故障電流制限器
・単相、多相
・空芯、鉄心
・低周波、高周波
・電流、電圧源
・AC、プッシュプル、パルス、可変

標準結果出力::

  • ・効率
    ・インダクタンス
    ・飽和曲線
    ・ショート回路解析
    ・オープン回路解析
    ・突入電流/負荷テスト
    ・過渡解析でのスイッチング
    ・損失-銅、渦電流、ヒステリシス
    ・浮遊磁場/シールド解析(EMC/EM)
    ・コイルに働く動的な力

transformer

能力は何ですか?

Operaは、デバイスやシステムでの電気、熱、構造的現象を有限要素法でシミュレーションします。設計のバリエーションや最適化を追及し、洗練した設計を可能とする仮想の試作ツールとして、Operaの精度は物理的な試験と同等に扱えることができます。電力システムや関連デバイスメーカは、Operaによって今日の要求に沿った製品を設計し、環境に優しく、高効率、小型化を実現しています。これらの要求はしばしばお互い競合しますが、Operaは革新的で最適化製品の設計を可能にします。従来のインタラクション設計やプロトタイプの設計/試験による開発プロセスは、時間とコストの浪費につながるため、設計者によるOperaの利用が増えてきています。

・先進的有限要素法シミュレーションによる2次元、3次元デバイスの評価
・電磁場、熱解析で、完全な非線形や直行異方性マテリアルの部分的定義
・測定と同等に扱える精度
・設計のバリーエーションを迅速に試験
・実条件下でのテスト(例えば、通常運転から異常時を通して解析)
・電源と負荷の組み込み
・熱解析、応力解析との連成
・Operaの最適化ツールとの統合

Operaを選ぶ理由

効率を高め、より小さなフットプリントを開発する

専用の使いやすいトランスシミュレーション環境

設計バリエーションの迅速なテスト

非常に強力な配合は、広範なバリデーションと現実の比較を通じて完全な信頼を提供します。

生産時間とコストを削減する

箱からすぐに必要な設計結果を得る

よくある質問


通常運転は1つの条件ですが、異常条件での性能を評価できますか。

Operaは、2次元、3次元解析の汎用有限要素シミュレーションのソフトウェアです。電力システムでのデバイスの本質的マルチフィジックス挙動を表す基本方程式を解きます。即ち、ソフトウェアは通常運伝、異常時を等しく扱い、どちらの状態でも高精度でシミュレーションします。

Operaは、オープン回路、ショート回路、突入電流の条件のもとでトランスフォーマを解析できますか。

はい、できます。これらは、トランス開発環境ツールに標準で組み込まれています。もし、このツールを使用しない場合は、回路エディタとModellerを使ってこれら条件を定義します。

Operaは、ユーザで使用しているソフト磁性体に、フルヒステリシス曲線を使うことができますか。

Operaスィートでは、産業界のパートナーと共同でヒステリシスのモデリングに対して半経験的手法を開発しました。磁気的挙動はB(H)の軌跡としてみなされます。この軌跡は、ユーザで用意した測定による対称形のメージャーループが基本になります。このデータは、測定や公開されているデータシートから比較的簡単に入手可能で、磁気特性テーブルとしてOperaに取り込みます。Operaのヒステリシスモデルでは、入れ子状のマイナーループを生成し、もし新しいB(H)軌跡が前に生成されたループの折り返し点を超える場合、前に作られたループは消去されます。さらに、モデルは振動する磁場を認識し、折り返し点の記録を最小限にします。ヒステリシスモジュールのライセンスを所有していれば、ヒステリシスのデータとしてはメジャーループのみを入力します。ヒステリシスモジュールのアルゴリズムは、再生成手法によって、軌跡の折り返し点とマイナーループを生成し、材料の磁化が前の折り返し点を越えるとその折り返し点を消去します。また、このアルゴリズムは、非ヒステリシスマテリアルと同様、ユーザの入力データを延長し飽和したマテリアル曲線に正確に渡されます。

Operaの最適化プロセスではどのような変数が使用できますか。

最適化変数には、Operaでユーザ定義した変数から選ばれ、実際、要求に沿った設計を達成するため、形状データ、ドライブ、材料特性を変化させることができます。設計スペースの制限を設けるために、等式、不等式制約を指定することができます。モデル作成段階で実現性を評価するか、あるいは有限要素解析からの結果として得られたかどうかによって異なるレベルの制約を指定できます。最適化ツールでは、シングルオブジェクト、マルチオブジェクトの両方の問題を解くことができます。最適化オブジェクトは、シミュレーション出力として指定でき、最適化ツールによって評価され、保存されます。出力された有益な結果一式から最適設計を選ぶことができます。