opera-trust

Operaシミュレーションソフトウェア

 

1984年から継続した開発が行われているOperaは、世界中の産業や科学技術アプリケーションで重要な選択ツールの1つになっています。Operaは、現実の問題に対して高精度の数値解析結果を提供します:

dielectric
静電場解析
Operaの静電場解析モジュールは、静磁場、静電場、DC電流を2次元、3次元で計算します。X線デバイス、電力システム、送電システム、科学技術装置、電極システムに利用できます。
静電場解析を知ろう
H-Frame Dipole
静磁場解析
Operaの静磁場解析モジュールは、静磁場、静電場、DC電流を3次元で計算します。特に、MRIシステム、防食システム、核融合マグネットで有益です。
静磁場解析を知ろう
transformer_supports banner
動電磁場解析
動電磁場解析モジュールは、EMデバイスやシステムに対して時間変化する電磁場と渦電流を計算します。また、これは3次元で計算します。
動磁場解析を知ろう
coupled cavity
高周波電磁場解析
Opera-3dは、高周波電磁場解析モジュールを提供しています。動作周波数の波長と同程度の大きさのデバイスに対して、変位電流を含む完全な波動方程式を解きます。
高周波電磁場解析を知ろう
Multispecies tracking in combined fields
荷電粒子解析
荷電粒子解析モジュールは、静電場、静磁場内で荷電粒子の相互作用を計算します。これには、空間電荷、自己磁場、相対論を考慮した運動が含まれます。
荷電粒子解析を知ろう
Multiphysics Simulation in Opera
熱解析
熱解析モジュールは、温度、熱流束、温度勾配場を計算し、特に、トランスデューサ、誘導加熱、超電導の冷却に有用です。
熱解析を知ろう
CsUwB7hW8AAOpHa (1)
能力のマルチメディアを発見する
私たちは、NDTデバイス、高周波および海軍のシグネチャの分析など、Operaの多くの機能を探求するさまざまなビデオを用意しています。デザインプロセスを最適化する方法を見てみましょう
今見る
SRM Stator In fundamental oscillating mode
応力解析
応力解析ソルバーは、静的応力を2次元、3次元で解析します。結果には、変形、歪、応力が含まれます。アプリケーションとして電磁ブレーキ、アクチュエータ、トランスフォーマ、シールド等があります。
応力解析を知ろう
ソーシャルメディアで私たちに連絡する
電磁気の洞察力と専門知識を毎日受け取るには、LinkedIn、Twitter、Facebook、YouTubeで私たちに連絡し、ユーザーの電磁気社会の一部になれます。
ソーシャルコミュニティを発見する

Operaの広範な能力は、モデルを高精度で解析します:これには、モデル内のパーツ駆動、過渡フィールド、非線形マテリアル、磁気ヒステリシスマテリアル、誘電損失、外部回路、システムエンジニアリング等が含まれます。特別な条件での解析を詳細に、あるいはOperaでデバイスの最適化を研究するために、いくつかの特別なオプションを見てみましょう。

Quench in a LTS magnet with an HTS insert
超電導クエンチ解析
Operaのクエンチ解析モジュールは、クエンチ発生での温度上昇を計算して超電導マグネットのクエンチ現象を解析します。これには、クエンチ伝播による常電導遷移を含みます。
クエンチ解析を知ろう
multi magnet coater
スパッタリング解析
Operaでは、プラズマ、スパッタリング、薄膜蒸着の詳細モデルに対して高精度な有限要素法解析を適用させ、マグネトロン設計と最適化を行う初めての実用的ツールを提供します。
スパッタリング解析を知ろう
optimizer
最適化
Operaの最適化モジュールによって、マルチフィジックス問題に対して素早く簡単に実現可能な設計を調べることができます。シングル、あるいはマルチオブジェクトの最適化問題に対応しています。
最適化モジュールを知ろう
null
Operaのカタログを読みましょう
Operaで可能なアプリケーションや機能をさらに知りたい方は、カタログをダウンロードしてください
Download