磁気分離

magnetic separator

電磁石や永久磁石のマグネットシステムは物質の分離によく使われます。磁場中での鉄や常磁性体に働く力によって混合物からこれらを分離することができます。最も一般的なアプリケーションとしては、リサイクルと鉄の分離があります。非常に高い磁場が必要となる場合がありますが、直径5~6mの超電導マグネットシステムは現実的ではありません。超電導技術をもってしてもこれらのマグネットは、技術的優位性、MRI/NMRや粒子加速器マグネットで要求される高いレベルの性能よりも経済性によって左右されます。それでも、とりわけマグネット内の磁場分布、分離される物質、マグネットのコンポーネントにかかる力等とても重要な設計基準が存在します。超電導マグネットシステムにおいては、クエンチによる機械的破損を防ぐ設計上の重大な制約があります。

Operaの詳細については、お問い合わせください