トレーニングサービス

年間を通して、入門偏、応用編、アプリケーションに特化したトレーニングコースを用意しています。

電磁場設計を基本としたコンピュータによる”仮想試作”は、DCからRFまで多様なアプリケーションできわめて重要です。Operaによるトレーニングコースでは、経験豊富な講師によって行われるレクチャーによって、世界レベルの有限要素法の経験をもった電気工学エンジニアや物理学者の有益な知識を取得できます。

ご要望の高い共通コースは、年間を通してスケジューリングされています。ウェブサイトのニュースやイベントページでスケジューリングされたトレーニングリストをご覧いただけます。あなたのご要望に合ったコースが見つからない場合は、お問い合わせください。

ご注文によるトレーニングオプションも可能です

特定のアプリケーションやユーザの経験に合わせたオーダーメードのトレーニングを行います。

カスタムトレーニングをご希望される場合は、標準またはご用意された資料とともにフォームに必要事項を記載してお問い合わせください。

入門レベル - 経験は必要ありません

Opera-3d入門 - 3日

電磁デバイスのシミュレーションにOpera-3dを使ってみたい方対象。FEAの経験は有用ですが必須ではありません。コースの詳細はhereをクリック。

中級レベル - Operaの経験要

Opera-3dマルチフィジックス解析入門 - 2日

マルチフィジックスシミュレーションにOpera-3dを使ってみたい方対象。Opera-3dに多少の経験が必要。コースの詳細はhereをクリック.

Operaでの最適化入門 - 1日

Opera-3d最適化を使って、Operaの設計モデルの改良を自動的に行ってみたい方対象。
Opera-2d、またはOpera-3d(出来れば両方)に多少経験があり、COMIスクリプトを使った経験のある方。コースの詳細はhereをクリック.

上級レベル - Operaの経験要。

Operaによるマグネット解析入門 - 2日

マグネット(永久磁石、超電導/常電導)のシミュレーションにOpera-2dとOpera-3dを使ってみたい方対象。多少Opera経験のある方。コースの詳細はhereをクリック

Operaでの超電導クエンチ解析入門 - 半日

超電導マグネットのクエンチプロセスのシミュレーションでOpera-3dを詳細に理解して解析される方に向いています。多少のOpera-3dの経験が必要です。
コースの詳細はhereをクリック

Operaでの電気機器モデリング - 2日

電気機器のシミュレーションにOperaを使ってみたい方対象。多少Opera-2d、Opera-3dの経験のある方。コースの詳細はhereをクリック.

Operaの設計環境を使った電気機器設計とその他の話題 - 2日

電気機器設計にOperaを使ってさらに知識を高めたい方を対象にしたコース。多少のOpera-2dとOpera-3dの経験があり、以前に”Operaでの電気機器モデリング”のコースを受講された方が望ましい。コースの詳細はhereをクリック。

電磁認識 - 5日

5日間のコースで、電磁気識別、カソード防食システム、電磁場センシングの逆問題解析のモデリングなど様々な見地から詳細にレクチャーします。このコースは、レクチャーとOperaを使った実習があります。また、お客様の実際のモデルについてディスカッションする場を設けます。このコースの前に、Opera-3d入門コースを受講することをお勧めします。コースの詳細はhereをクリック。

スペシャリスト向けコース、カスタムコースも用意しています。詳細に関しては、トレーニングの登録、またはコンタクトフォームにてご希望をお聞かせください。