海洋船舶

海洋技術者やデザイナーに欠かせない仲間

電場と磁場の識別特性を低減することは海洋船舶にとって重要な設計プロセスの一部です。Operaは、消磁/非消磁両方の識別検査、高レベルな精度での検証、消磁コイルの位置を柔軟に最適化するシミュレーションツールとして長年に渡って広く使われてきました。さらに、磁気識別評価のために作られたモデルは、同じOperaのシミュレーションモジュールを利用するカソード防食システムのモデルに簡単に変更できます。カソード防食解析では、船体の外表面のみが必要でアノードの印加電流、塗装部と非保護部を含めます。

電磁界識別特性やカソード防食システムのモデリング開発から、電磁界センシングの逆問題を解くことまで、海洋エンジニアや設計者にとってOperaの高度な海洋シミュレーションツールは必携です。

シミュレーションが支援するものは:

識別の評価
カソード防食システムの設計
消磁コイルの設計
船体消磁設備の設計
船内装置のEMC問題
故障解析
シミュレーションテストは次の3点で高く評価されます:

シミュレーションは、今まで一度もテストされなかった仮想試作の識別を解析します
シミュレーションは、テストで何が期待できるか(どこを見るべきか?、要求を満たす範囲は?)を指示します。
シミュレーションは、1つのテストでは見分けることが出来なかった現象を見抜きます。

高速有限要素法を利用した軍用船識別計算

薄板境界条件を利用してモデル作成が容易
Operaの最適化モジュールを使った優れた船舶消磁システムの開発
電気機器や電源システムの要求仕様の入力が円滑かつ容易

Signatures webinar July 2016 pic 1

エンジニアリング会社のMagnomatics社に、Operaがどのように貢献したかは、ここの事例をご覧ください。

オペラの革新的な電磁気シミュレーションは、新しい形式の磁気動力伝達装置を開発するために設立されたMagnomatics社による電気自動車の画期的な直接駆動技術の商業化を加速させました。 Magnomaticsの探求は永久磁石モーターと非接触磁気ギアを一体化した新しい直接駆動システムの設計でした。