航空宇宙

航空宇宙シミュレーションの最前線で

航空宇宙産業で広く使われている炭素繊維強化プラスチック(CFRP)のような複合材料の誘導加熱溶接のシミュレーションから、永久磁石を用いたブラシレス機器の性能解析まで、Operaは航空宇宙関連のシミュレーションの最前線で利用され、エンジニアにとって時間節約と設計精度の向上に貢献しています。

機器の要求仕様の入力が円滑かつ容易
開発コストと時間の削減を実証
Operaを使って高性能な航空宇宙設計と機器開発

CFRPの2枚の薄板接合でOperaがどのように誘導加熱溶接をシミュレーションするかは、ここの事例をご覧ください:

炭素繊維強化ポリマー(CFRP)のような複合材料の接合は、多くの用途において重要な技術的問題である。その高い強度対重量比のために、CFRPはますます航空宇宙、自動車、土木、消費者製品および他の産業で広く使用されている。アプリケーションの数が増えるにつれて、新しいケースごとに溶接プロセスの技術的パラメータを最適化し、低コストで満足のいく結果を達成する必要があります。

Figure1