Operaの歴史

評判を呼んだ優れた精度

今日知られているOperaシミュレーションソフトウェアは1984年に誕生し、ラザフォード・アップルトン研究所から分かれてその歴史が始まりました。非常に優れた正確さと精度が評判を呼び、このソフトウェアの優れた機能が世界のマグネット設計で多くの利益をもたらすと確信したVector  Fieldsの技術者は(ここでその名が知られるようになります)、研究分野、産業分野の専門家に市販品としてこのソフトウェアの提供を開始しました。

1992年にオペラがクイーンズ賞を受賞

Operaの機能はますます充実し、1992年のTechnological AchievmentのQueens Awardを受賞しました。1990年代、約束されたOperaの精度よって電気機器の開発が続き、Operaで解析可能な電磁気問題の範囲も拡大していきました。2000年代初期、Operaは技術の能力拡大に合わせて2次元の減磁解析モジュール(数年後には3次元にも対応)と3次元の熱解析モジュールTEMPOを加えました。

電磁場シミュレーションは歌う

創始者の1人で初代社長のBill Trowbridgeは、オペラ歌劇とその音楽に魅了されていました。このことによって最初のVector Fieldsのモジュールにはオペラ的な名前、TOSCAやSCARPIAという名前がつけられました(2モジュールのみ)。その後すぐにSOPRANOとSCALAが続き、まもなく、魅力的なアイディアとして全てのソフトウェアスィートにOperaの名前を使うことが考えられました。単にモジュールのオペラ的なタイトルというだけでなく、最高峰に到達しうる正確さに対する能力、そして未だかつてない電磁場シミュレーションを歌わせるような名声は、このソフトウェアの新しい名前ととしてふさわしいものです。

Operaは、2018年Dassault Systemesに併合

2018 Opera is acquired by Dassault Systemes

クエンチ解析のリリース

電磁場解析に静的応力解析や準解析的応力計算を連成させるのと同時に、熱過渡解析と電磁場解析を統合して、フル解析を可能としたQuench解析ソルバーがOperaに加えられました。Quenchソルバーは、高度な非線形物性が必要で比類な機能性をユーザに提供するシミュレーションという意味で画期的なモジュールです。

Quench in a LTS magnet with an HTS insert

1980年代と1990年代からの電磁場のニュースレターを探る

1986年春

国際協力は電磁気学ソフトウェア開発のための重要な優先事項です

1992年春

Operaはパーソナルコンピュータの勝者です

1992年夏

Operaは技術功績の女王賞を受賞

1993年春

オペラは電気設計者のためのより多くのシミュレーションのヘルプを提供する2dを開始

1994年春

SOPRANOの打ち上げとより良い高周波解析

1994年冬

OperaのSCALAモジュールは空間電荷をシミュレートするのに役立ちます

1995年冬

Operaは日本のCRIEPIと協力しています

1997年冬

Opera、3D回転機モジュールをリリース

その他、Operaが関係したEUプロジェクトと共同開発を見てみましょう: