トランスフォーマ開発環境

Transformer Environment

Transformer (and Reactor) Environment

トランスフォーマ開発環境ツールを使って、トランスフォーマとリアクタモデルを自動的に作成、解析、さらに最適化設定ができます。標準構成には、2、3、5脚でのシングルないしは3相巻線が含まれ、サポート材を含めることができます。また、標準解析には、ショート回路、オープン回路、突入電流が含まれます。

有限要素法の解析では、適正な非線形特性とドライブ回路を使って高精度の解析結果が得られます。結果には、通常処理の磁束密度やその他物理量の表示と同様に、インピーダンス、抵抗、力、損失等が自動的に出力されます。環境ツールはOperaの最適化モジュールと統合され、パラメータ(例えば、ボルトの直径に依存したコアの寸法など)を自動的に最適化します。

続きを読む

transformer on Open Circuit

Transformer on Open Circuit

標準結果には次が含まれます:

  • 効率
  • インダクタンス
  • 飽和曲線
  • ショート回路解析
  • オープン回路解析
  • 突入電流/負荷テスト
  • 過渡解析でのスイッチング
  • 損失 – 銅損、渦電流損、ヒステリシス損
  • 設計の最適化
  • Simulink®との相互シミュレーション
  • 漂遊磁場/シールド解析(EMC/EMI)
  • コイル上のダイナミックソース
Operaの詳細については、お問い合わせください