応力解析モジュール

SRM Stator In fundamental oscillating mode

Deformation of stator in fundamental oscillating mode

応力解析ソルバーは、2次元、3次元での静的応力を解析します。結果には、変形、歪、ストレスが含まれます。

3次元では、構造の固有モード(固有値、固有ベクトル)も計算できます。

3d 応力解析は、等方性、異方性(直交異方性)、完全な異方性マテリアルを計算できます。これには、下記マテリアル特性を使います:

  • ヤング率
  • ポアソン比
  • 剛性率
  • 弾性行列(完全な異方性マテリアル)
  • 熱膨張係数(静的応力のみ)
  • 一般膨張積分(静的応力のみ)
  • 密度(静的応力のみ)

マテリアル特性は数値または数式で指定できます。例えば、熱膨張係数は、温度または位置の関数として表すことができます。

Synchronous Reluctance Machine deformation under load

Synchronous Reluctance Machine deformation under load

3dの応力ソルバーでは、外力と拘束条件を、全体、またはモデルの表面に境界条件として与えることができます。入力できる力を以下に示します:

  • 圧力 面に対して垂直方向の力
  • トラクション力 全ての方向

入力できる拘束条件を以下に示します:

  • 固定:
    -3方向全てに対して固定;
    -接線方向に対して固定;
    -面に垂直方向に対して固定;
  • 垂直方向の変位を指定;
  • 3方向全てに対して変位を指定;
  • 熱膨張 係数と熱解析より求められる動作温度
  • 一般膨張積分 電磁場解析からインポートされた磁場・電場ベクトルの関数で表される膨張積分による磁気歪、電気歪、ピエゾ効果をモデリングするために使われる。
続きを読む

アプリケーション:

  • モータ
  • 発電機
  • 荷電粒子デバイス
  • 電磁ブレーキ
  • アクチュエータ
  • トランスデューサ
  • トランスフォーマ
  • マグネット
  • シールド