生産性

シミュレーションモデルを素早く作成

モデルのコンポーネントやその作成は、ユーザ所有のCADよりインポートしたり、Operaに組み込まれているプリ処理機能使って作ることができます。
Operaの優れている点は、モデルの寸法をパラメータとして定義でき、what-if分析や設計の最適化が可能なことです。Operaのモデルファイルにすべてのコマンド履歴が保存されていることで、ファイルのリプレーや修正が可能で、標準設計品のバリエーションに対して自動化テンプレートを提供できます。

問題を精度良く素早く解析

Operaのソルバーは、設計されてから数十年以上に亘って磨き上げられ、可能な計算リソースで最大限の精度を提供し、高効率で安定したソルバーとなっています。今日のマルチコアを搭載した計算機リソースは、マルチスレッドを利用した解析の単体計算やマルチフィジックスに最適です。

計算結果を効果的に処理

シミュレーションが終了したらOperaのポスト処理で解析結果を簡単に見ることができます。フィールド、温度、応力の表示と同様、ユーザにとって使い易い単位と形式で、物理量(力、電力損失、磁気エネルギーなど)を導出し表示する多くの関数が用意されています。また、計算した電場、磁場中での荷電粒子軌道を表示するなど、アプリケーションに特化した機能があります。

ルーチンワークで設計の最適化

設計の改善は簡単です – 手作業でパラメータを変更、モデルの再構築、解析結果を見ることができます。オプションの最適化モジュールを使用すると、この作業は自動で行うことができます。最適化問題のセットアップは簡単で、後は計算機が、1つ、ないしは複数の目標に対して最適解を見つけます。Operaの最適化モジュールによって、企業の求める目標-低コスト、高性能、製造の簡素化、小型化(または、その他指標)の実現に対して従来必要とされてた多大な労力を削減できます。

設計プロセスを簡単に自動化

Operaでは、設計プロセスを自動化する’マクロ’を作ることができます。ユーザ定義のダイアログやメニューで、寸法、マテリアル特性、シミュレーションオプションを入力できるマクロを作成し、それを実行して設計モデルを解析することができます。

Operaの詳細については、お問い合わせください