並列処理

初期Operaは、性能と効率を念頭において設計されてきました。当時の計算機で限られたリソースのなかで最大限の速度で計算できるように作られていました。これらの計算機は、プロセッサのクロックスピードが速くなることによって、年を追うごとに性能が上がりました。最近の計算機では状況が変わり、Operaもそれに合わせて変化しました。今日の計算リソースはマルチプロセッサから構成され、さらに各プロセッサはマルチコアになっています。簡単に利用できるこの優れた計算能力によって仮想試作のスループットは劇的に向上しました。

Opera-3dの解析モジュールは、シェアードメモリ、マルチコア、パラレル処理に対応しています。相対的な性能は、多くのファクタによって変わります。本質的に比例して速くなる計算があります。例えば、コイルによる磁場計算がこれに相当します。一方、シーケンシャルに計算するような解析は、スレッドセーフを保ちながらの計算になるので比例して速くはなりません。

より総合的なケーススタディとして、代表的な性能をここに示します。here.

続きを読む

Operaの詳細については、お問い合わせください